努力とやる気

スクール

中学校はまだ義務教育なので、通常は地元の公立学校に受験なしで通えることが約束されています。中学受験を考えているというのは、地元の公立学校に通うのが何らかの理由でイヤ、あるいはどこか特定の中学校に入学したいという理由があるからでしょう。この場合、国立中学、私立中学などが受験の対象となってきます。受験生とはいってもまだまだ子どもなので、親の意向が強い受験となる場合もあります。そして、親が受験にかなり協力しないといけないし、面接などにも同行する場合だってあるようです。中学受験では、試験科目は多くの場合、国語・算数・理科・社会といった4教科となっています。追加で体育があったり作文があったり、面接があったりもします。あるいは、国語・算数の2教科しかない学校もあって、試験科目は学校によってまちまちだということがいえるでしょう。そうしたことから、得意科目の配点が多い学校を選ぶ人もいます。この中学受験における筆記試験は、主に公立中学校で学ぶ範囲が出てくるようです。塾も行かないで、たいして勉強もしないで、のほほんと小学校に通って学校の勉強だけしていたって、到底合格するものではないということなのです。小学校の間に中学校の勉強もしないといけないとなると、それ相応に効率的でコツをつかんだ勉強法が必要となってくるでしょう。あとはやる気と努力、そしてこの学校に入学したいという強い意思をもたないといけません。どれが欠けても中学受験をものにすることはできないのです。